ブログ一覧

NO IMAGE

仮想通貨についての岩井克人さんの論考が面白い:グローバル経済と国民国家の対立

筆者は昨日の「タクログ。」で、仮想通貨の突破口は「(貨幣としての)信用獲得だと書いた。 通貨としての流通が広がれば、政府の規制云々を抜きに仮想通貨を信用する人が増えてくる。そうなれば、ギャンブル的な投資の対象としてはそぐわないかもしれないが、仮想通貨が一定の価値を持ち続ける可能性が高くなってくる。 【仮想通貨】押し目狙いで買ったものの下落傾向が続く(タクログ。) 筆者のこの観測について、本日(2018年1月18日)付朝日新聞朝刊オピニオン面に「デジタル通貨の行方」というタイトルで経済理論がご専門の岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授(東京大学名誉教授)のインタビューが掲載されていた...

記事を読む

NO IMAGE

【まとめ】2017年に書いたブログ記事一覧

乳児の離乳食に「軽くひとつまみの塩」が「適量」?:曖昧な分量表示の危険性(7月24日公開) 食塩について、「1歳児の致死量は小さじ1杯」なのに、「(軽く)ひとつまみ」(レシピ用語で「ひとつまみ」は小さじ1/4)を飲ませて大丈夫なの?という疑問を投げかけた。 牛乳石鹸WebCM「与えるもの」篇が面白い(8月20日公開) インターネット上で炎上した牛乳石鹸のWebCMの評。割とメッセージ性があって面白いと思ったのだけど。 「恋ダンス」動画削除要請について考える(9月4日公開) ビクターによる「恋ダンス」動画削除要請を受けて書いた記事。なお筆者は『逃げ恥』は見ていない(笑)。 ...

記事を読む

NO IMAGE

21世紀は子供が仕事場にいる社会を取り戻そう:「働き方改革」と「保育所不足」の狭間で

産業革命以降、人類は子供を社会から隔離することで発展を遂げてきた。「学校」という制度は、後世をリードする人材を育成するために生まれたはずだったが、その役割は「子供」という存在を「大人の社会」から隔離することに変容してきたように思える。児童労働が当たり前だった時代、子供は労働力の担い手として社会の中にいた。日本でも「丁稚奉公」「子守奉公」といった言葉に、その片鱗が残っている。20世紀の前半には、子供は労働者として社会に存在していた。 学校制度の拡充と児童労働の制限 日本史の教科書を眺めると、明治期の日本では小学校設立に反対する運動があったという。当時の子供は、田植えや稲刈りなどの繁忙期に引っ...

記事を読む

NO IMAGE

クリスマスおめでとう:多様な価値観と道徳観の狭間で

2017年12月25日、クリスマス。今日も教会の鐘が鳴り響く。 サンタクロースは子供達に平等にプレゼントを与えてくれるだろうか。クリスマスイヴに街を歩いていると、「(プレゼントに買ってもらったゲームで)遊びまくる! 今日は24時間寝ないぞ!」と5歳児くらいの男の子が両親に向かって宣言していた。とても幸せそうな声だった。筆者も1996年の冬に念願だったゲームボーイポケット(銀)とポケットモンスター(赤)を手に入れた時にそんなことを言った覚えがある。 うちのサンタクロースはゲームソフトとか色々なものをプレゼントしてくれたけれど、アイドルグループ乃木坂46の齋藤飛鳥さんのところは「小さい頃からサ...

記事を読む

スポンサーリンク